通信制高校は自由でサポート体制抜群!|メンタルケアもあり!

筆記用具

短期大学の利点

勉強

高校の先輩方が卒業してしまって、今度はいよいよ自分たちが進路を決める番になってきたと肌で感じたでしょう。高校生の進路は、大体4種類ほどに分かれてきてしまいます。一つは4年制大学に進学することです。2つ目は、専門学校への進学、3つ目が企業への就職です。そして、4つ目が短期大学への進学です。どれを選んでも、将来的に訳に立つ知識を習得することが可能になります。もし、なんだか馴染めないと感じたら、他の専門学校や大学へ編入したり就職をする事も可能です。要するに、途中で学びたいことや働きたい事ができたら自由に変更することが可能です。ただし、学費をおさめてくれている親をいかに説得するかによります。それさえ出来れば、他の大学や専門学校への編入か就職が可能になるでしょう。
短期大学は、4年制同様に大学という2文字が付く教育機関です。4年制大学と異なり、2年という短い期間の中で勉強していくのです。その分、内容の濃いカリキュラムを設定している短期大学が数多いものです。それに、学費の面でも、負担が少なくて済みます。4年制なら、学費で300万から400万程の費用がかかってしまいますが、2年間だけの短期大学なら、4年制で生じる学費よりも若干安くなっているので、親にも経済的な負担をかける心配はなくなります。また、実家からの通学が容易なのです。短期大学は、都会や地方に数多く存在します。そのため居住地域内に短期大学が数件はあるので、自転車や徒歩で簡単に行き来することが可能です。